京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年10月18日

「生き方」のガイドブックご紹介

人生や生き方について書いた書籍は、世間に多数ありますが、それらの本は全て似たりよったりです。

また、ひと昔前の自己啓発セミナーの延長線上のものや、最近のスピリチュアルブームに便乗して、それらの要素を入れたものも多いですね。

でも、そういう本を見ていると感謝感謝とことさらに述べたり、夢、喜び、楽ということが強調されていて、何となく浮いているような軽さを感じてしまいます。

まるで現実社会の情報に蓋をして、夢の世界に行ってしまっているかのようです。

かといって、人生とは苦労して努力して切り開いていくものというような人生訓的なものも、これだけの苦労をしたのだから幸せになれる、成功することができるという相対比較的でいただけません。

元々、正直・素直に自らを表現するというシンプルなものだったのに、色々な常識やルールによって表現の結果に善悪や正誤という価値判断をして、悪や誤りを避けてきた結果が、この社会の現状なのですから、それを元に戻していくには禁断症状やリハビリが必要となるのは当然です。
でも、やり方はシンプルである。

これが最もピッタリくるのではないでしょうか?

しかし、各人の複雑化の度合いによっては「良薬は口に苦し」です。

そんな良薬についてご紹介します。

長谷章宏 著   『実践・日本真道』 (定価 ¥15,000-)




この書籍は現代社会という全く逆さまの生き方をしている人たちには劇薬に感じるものかもしれません。したがって、一般書籍として書店で販売するには至っていませんので自費出版本です。

でも本気でシンプルな生き方に戻りたいと考えて、それを実践する人にとっては常にその道のりで生き方を見直していくためのガイドブックです。
あなたの人生の根本に関わる様々な見方、考え方が提示されています。

ご興味を持たれましたら、以下のTLC匠の出版物ページリンクをご覧ください。
    http://www.miyakonokaze.jp/books.html

※「元つ大神様」という表現が出てきますが、日月神示を始めとする神示情報に中途半端にはまっている方に向けて表現しただけです。言葉にこだわらずに「本当の自分」「先生」「先駆者」等、各々で言葉を置き換えてお読み頂くと幸いです。
  


Posted by 孝司と一美 at 17:13Comments(0)